2008年05月21日

13年の時を経て、キッド・ピストルズ、遂に帰還! サイン会が開かれます。

キッド・ピストルズといえば、奇想の本格推理作家・山口雅也の代表作シリーズにして、多くのミステリファンが愛してやまない名探偵です。
いちおうは、イギリスはロンドンの、スコットランドヤードに所属する刑事なのですが、そのアクロバティックな設定とパンクでキッチュな容貌は、ぜひ作品を読んでご確認いただきたいところ。
そんなキッド・ピストルズが、待望の復活です。オーディエンスの声が、この気まぐれな名探偵を呼び起こすことに成功しました。新作のタイトルは、その名も『キッド・ピストルズの最低の帰還』! 不敵で小面憎い物腰はそのままに、推理の冴えも健在のキッドの活躍にご注目下さい。

5月31日にキッド・ピストルズ来日、じゃなくて最新作刊行記念のサイン会が開催されます。著者(キッド・ピストルズ伝記作家)の山口雅也さんとともに、キッドの帰還を言祝ぎに、ぜひご参集下さい。
詳細は下記です。

『キッド・ピストルズの最低の帰還』刊行記念
山口雅也さんサイン会

日時 5月31日14:00〜
会場 三省堂書店 神保町本店1階 特設会場
お問い合わせ 神保町本店 1階 03−3233−3312(代)

※『キッド・ピストルズの最低の帰還』をご予約またはお買い上げの方、先着100名様に1階レジにて参加整理券をお配りしております。また、お電話によるご予約も承ります。
よろしくお願いします!


(黒衣)

posted by kappa at 13:34| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月20日

梶尾真治『アイスマン。ゆれる』の朗読番組が放送中です。

恋愛を成就させることのできる特殊な能力をもった女性とその友人たちの、せつなくてじれったい恋模様を描いた、梶尾真治さんの最新作『アイスマン。ゆれる』。
名手・梶尾さんの、『クロノス・ジョウンターの伝説』『黄泉がえり』などのヒット作と並ぶ、叙情派の傑作です。
この作品が、ラジオの朗読番組になりました。
5月15日から、RKK熊本放送で、毎週月曜〜金曜、朝5時55分〜6時に放送中です。
この番組「おはよう文庫」では、これまでにも梶尾さんの小説が朗読されつづけていて、今回、『アイスマン。ゆれる』の登場となりました。
毎日少しずつ進む、30代男女の恋模様と、人生を変えることのできる不思議な能力の全貌。
聴取可能な地域の皆さんは、既読の方も未読の方も、ぜひ聴いてみて下さい。

(黒衣)
posted by kappa at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月14日

新たな本格ミステリーの賞が!

 本格ミステリー界の話題をさらった「島田荘司選・福山ミステリー文学新人賞」の第一回締め切り(2008年5月10日)も過ぎ、今年10月の受賞作の決定・発表を待つばかりとなりましたが、ここで、また、島田さんがらみのビッグ・ニュースを、ひとつ。

 台湾の大手出版社である皇冠文化出版有限公司の主催による「島田荘司推理小説賞」の募集が、いよいよ始まりました!

 大賞受賞者一名には、繁体字・簡体字の中国語版、日本語版およびタイ語版の出版が約束された、このグローバルな新人賞の応募締め切りは、2009年2月28日。(日本語版の刊行版元は、文藝春秋。)

 島田さんのお名前を冠したこの新人賞が求める作品像は、「謎の出現と、その解明時の驚きを誘導する装置」としての本格ミステリー。

 そして、この新人賞の創設趣旨は、島田さんの言葉を借りれば、「ミステリーをキーワードに、アジアの全域に広がってひとつに結んでいく、壮大な夢をはらむ企画」です!

 応募要項等の詳しい情報は、下記のURLを、ご参照ください!



http://www.crown.com.tw/no22/SHIMADA/S1.html
posted by kappa at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。