2009年01月30日

新刊! 朝倉かすみ『ロコモーション』

 おとなしいけど気になる人、いませんか?
 変な服を着ているわけでもなく、奇抜な動きをしゃっしゃとしているわけでもなく。
 普通。
 でも、気になる。

 なんで、あいつはあんな感じなんだろう?
  

 朝倉かすみ氏待望の書下ろし新刊『ロコモーション』は、そんな女の人が主人公。

 おとなしくて地味。そう言われたら、本人も嬉しい。
 目立つことが嫌いな性格のアカリという人の、出生から40代になるまでの半生が、軽妙に、だけど心を抉るような描写で綴られた作品です。

 最初はアカリの日常が淡々と、やもすればコケティッシュに描かれているように見えますが、次第に物語は、本人でもコントロールできない(あなた、できます? 私は、できません)人間の心の不思議さ、不安定さを照らしだしつつ、静かに暴走します。

 そこにあなたは何を感じるでしょうか?
 
 怖さか? 哀しさか? 滑稽さか? 愛おしさか? 諦念か?

 ラストシーン。
 彼女はある決断を迫られます。

 その選択は、ハッピーなのか、アンハッピーなのか?

 これまた、読む人によって受け取り方は違うと思います。

 読むのにかかった時間以上の、言葉に出来ぬ強烈な読後感が続くこと、保証します。
 うるうるする、とか、号泣する、というのではない、新手の感動が広がります。保証します。

 そうか、こういう「感動」もあるのか。
 あったんだよな、実は。


 で、読んだ人同士「どうよ、どう思うよ?」と話し合いたくなります。
 恋愛譚。人生譚。青春小説。心理劇。もしかしたらサイコサスペンス。
 『ロコモーション』の印象は、人それぞれかもしれません。
 

 『田村はまだか』で随所に見られた、おしつけがましさが全くない人間考察の鋭さに溢れた、一気読みの長編です。

 ぜひ。

(県知事)

  
posted by kappa at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月16日

『独白するユニバーサル横メルカトル』、文庫&DVD発売中です!

 2006年、日本推理作家協会賞受賞→初の短編小説集発売→このミス1位獲得と、奇蹟のようなコースを走り抜け、一気に読者層を拡げるとともに知名度を上げた「日本一陽気なホラー作家」こと平山夢明さん。
 今月、出世作である『独白するユニバーサル横メルカトル』が文庫として装いも新たに刊行されました。またしても、本屋さんの店頭をイカれた雰囲気にしてくれています。読み逃していた方は、この機会にぜひ!
 本書収録の短編「卵男」が、アニメDVDとして発売されております。まさかの映像化であります。さらに拡大する平山ワールドの目撃者になってください。担当編集が言うのもなんですが、いい出来なんですよ、これが!
公式サイト → http://www.mercator.jp/
平山夢明インタビュー(「スタジオ・ボイス」内 → http://www.studiovoice.jp/focus/eggman/index.html

(黒衣)
posted by kappa at 12:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月09日

ココロを暖めてくれる一冊です。

あけましておめでとうございます晴れ
本年も、光文社の文芸書をよろしくお願いいたします。

1月に入り、めっきり寒くなってきましたが、風邪などひかれてませんか?
これからますます寒くなってくると思うと、ついつい外出も億劫になってきてしまいますよね。
で、そんな気分のときは、やっぱり読書でしょう。(ちょっと強引か?)

ということで、この冬にぜひ読んでいただきたい一冊をご紹介します。
昨年12月に刊行された、谷村志穂さんの長編小説、『スノーホワイト』

――四十代半ばの毛利美南子は、結婚に破れたという自身の傷から立ち直れず、恋愛に臆病になっていた。が、思いもかけず、親子ほども歳の離れた大学生の真木宗助から思いを寄せられる。物怖じしない宗助の一直線な求愛に、美南子の中に眠っていた火が燻りはじめる…。

物語の季節は冬。まさにこの時期の読書にピッタリですよ。
甘く切ない奇蹟を描いたラブ・ストーリーで、カラダの中からホットになっちゃってください!

(FCT)
posted by kappa at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。