2008年12月25日

一人酒のお供に(そのいち)

いい感じのバーのカウンターで、にぎやかにざわめく居酒屋の片隅で、おうちでこたつに入りながら、一人でお酒を飲むのが好きなあなた。そんなあなたのお酒につきあってくれるすてきな本をご紹介したいと思います。
今日はその第一弾。おすすめするのは坂木司さんの「短劇」という作品です。タイトルのとおり26の不思議な味のショートストーリーは、ふわりとすてきな酩酊感を与えてくれます。詠みながらどんどん読む人の心の中にイマジネーションの風を吹き込んでくれるので、読みながら思いがけないことを思い出させてくれたりもします。忘れていた昔の友達。恋人に言われたあのひと言。etc…。坂木さんのファンも、まだそうではない方も、よろしければぜひこの本で一杯やってみてください。すてきな時間が過ごせますよ。(席亭)
posted by kappa at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/111695709
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。