2006年08月18日

石持浅海さんの第一短編集!

本格ミステリーの旗手・石持浅海さんの第一短編集「顔のない敵」の見本が完成! 先日、石持さんを小社にお迎えして、書店さんの平積み用のサイン本150冊を作成していただきました。
トリッキーな閉鎖状況、普通のサラリーマン探偵、会話による推理劇、そして、作中人物が考えをめぐらせながら飲む「飲み物」……等々、「作家は処女作に向かって成熟する」という至言もありますが、この第一短編集には、作家・石持浅海のすべての要素が含まれています。
そして、連作のテーマとなった「対人地雷」は、現実に世界を苦しめている、あまりにも重く大きな問題であるために、本格ミステリーのフィールドで描くには、きわめて難しい題材ですが、石持さんの抑制のきいた筆致と、健全な思想が相まって、希に見る水準のフィクションとなっています。
石持さん自身による本書の「あとがき」と巻末の参考文献一覧も必読! 「本格」にして「社会派」というこの「顔のない敵」を、どうぞよろしくお願いいたします!
ちなみに、石持さんは、本書の印税の一部を、難民援助の某NPO団体に寄付される予定。この本の売れ行きが、地上から「対人地雷」を少しでもなくしていく一助となればと願ってのことです。(あ)
posted by kappa at 13:42| Comment(0) | TrackBack(1) | 新刊情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

限定150部、石持浅海サイン入り新刊情報
Excerpt: カッパ・ノベルスBlogの8月18日付記事「石持浅海さんの第一短編集!」によると...
Weblog: ぼくのミステリな備忘ログ
Tracked: 2006-08-19 01:59
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。