2007年03月06日

「娯楽映画を見ているようなノリとテンポ」 『悲しき人形つかい』が熊本日日新聞で紹介されました。

 梶尾真治さんは熊本の出身で、現在も熊本に在住。『黄泉がえり』をはじめ、多くの作品が熊本を舞台にしているのは、それも理由のひとつです。
 そんな梶尾さんの地元紙「熊本日日新聞」の3月4日付で『悲しき人形つかい』の書評が掲載されました。執筆されているのは上妻祥浩さんという方です。曰く「良質の娯楽作品を見ているようなノリとテンポ」、「いろいろな意味で予測不可能」、「後味爽やか」。すぐにでも読んでみたくなるような書評で、担当編集としてはありがたいかぎり。しかも、的確で、梶尾作品をよく読み込まれている方のようです。興味のある方は、図書館などで探してみて下さい。そして、本書が読みたくなりましたら、最寄りの新刊書店へぜひどうぞ! 娯楽映画と同じぐらいの値段で、娯楽映画とはまた違った小説特有の楽しみに触れることが出来ますよ。

(黒衣)
posted by kappa at 16:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。『悲しき人形つかい』の書評を書かせて頂いた上妻です。地元・熊本で主に映画関係のライター(らしきこと)をさせて頂いております。梶尾先生からこちらの話を伺い、図々しくも書き込ませて頂きました。

私の拙文に対して過分なお褒めのお言葉を頂き、誠にありがとうございます。何分、書評の執筆は初めて、しかも尊敬する梶尾先生の作品とあってかなりのプレッシャーでしたが、何とかこの作品の持つ魅力を(充分にかどうかは分かりませんが)皆さんにお伝えすることができたようで、ちょっと安心しております。
Posted by 上妻祥浩 at 2007年03月14日 12:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35363317
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。