2007年04月27日

島田荘司選 ばらのまち福山ミステリー文学新人賞、設立!

B___9035.JPGまったく新しいミステリーの新人賞が設立いたしました。
広島県の福山市が主催し、作家・島田荘司さんが最終選考を行う、「島田荘司選 ばらのまち福山ミステリー文学新人賞」。
4月26日・27日の二日間に渡り、福山市と東京にて、設立記者会見が行われました。
福山での記者会見では、ホテルで行われた記者会見の後に、さらに個別の取材が「ふくやま文学館」であり、数時間に渡り、島田さんへの熱心な取材がありました。
東京での記者会見も、熱気に包まれたものになりました。
この新人賞の画期的なところは、まず、公募する作品が長編ミステリーであること。
そして、この賞を福山市という自治体が主催し、選者が島田荘司さん、お一人であること。
さらに、その作品を、講談社・原書房そして光文社の3社で協力体制を作り、刊行していくことです。
今後の本格ミステリーの風景を変える作品をぜひ、期待しております。
賞の詳細については、下記のアドレスを参考にして下さい。(J)
 ふくやま文学館公式ホームページ
http://www.city.fukuyama.hiroshima.jp/bungakukan/life/detail_281.html
posted by kappa at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。