2007年05月15日

勝谷誠彦氏『彼岸まで。』増刷決定!

 いつ小説を書いていたのか? と噂になっていた超多忙の勝谷誠彦氏初小説集『彼岸まで。』の増刷が決定しました!

 全七話からなるこの連作短編集、「虚」と「もしかして、実?」の作品が交互に並び、ラストの一本「平壌で朝食を。」で積み重ねられたうねりが大ブレイク。
 没頭しているうちに、日本の、いや、世界の「今」と『彼岸まで。』という虚構世界があなたの頭の中でシェイクされ、読後、トリップ感が味わえます。これぞ小説の醍醐味。

「政治経済の棚に置かれていた」という報告もありますが──小説です! 書店の皆様。よろしくおねがいします──、是非手にとって見てください。
 
 母の死、敬慕する先輩の死、震災、少年犯罪──避けられぬ出来事に遭遇した人々の悩み、戸惑い、勇気が、練り込まれたストーリーに昇華されています。
 このクオリティ。衝撃的です。

              (県知事)
 

posted by kappa at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/41878585
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。