2007年05月31日

水道橋博士、東良美季氏ブログで勝谷誠彦氏『彼岸まで。』評が

 いきなりお詫びですが『彼岸まで。』品切れ状態が続きすみませんでした。
 帯を一新した増刷ぶんが、今は全国書店並びにネットの仮想書店、津々浦々に配本されております。

 5月13日の浅草キッドの水道橋博士氏〈水道橋博士「博士の悪童日記」〉 http://blog.livedoor.jp/s_hakase/archives/2007-05.html 、5月18日の東良美季氏〈追想特急〜lostbound express〉http://d.hatena.ne.jp/tohramiki/ 両ブログに『彼岸まで。』の深く鋭い書評が掲載されています。

 昭和と平成、両方の匂いを振りまく芸人として活躍するかたわら、「男気」への愛溢れる『お笑い 男の星座』(浅草キッド著)や、ハゲ治療など気になる健康方法に自らを実験台にして挑んだノンフィクション『博士の異常な愛情』など、この人の本なら全部買っちゃお、という気にさせる名調子の著書がある水道橋博士氏。
 猫好きのみならず、生き物と、いや「誰か」と一緒に暮らし二度と会えぬ「別れ」を経験したことがある人に感涙と静かなる励ましを与えてくれる本『猫の神様』の東良美季氏。
 両者の視点は、すでに『彼岸まで。』をお読みになって下さった方は興奮を覚え、不幸にも未読の方は好奇心をくすぐられることでしょう。
 本を読む楽しさを再確認させてくれる書評です。

 ぜひ。
               (県知事)
posted by kappa at 12:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/43440966
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。