2007年08月21日

ものすげえ帯! 『新本格もどき』

 いや、内容もものすげえんですが。

 喜国雅彦氏のミステリ魂くすぐる印象的でカレーライスなイラストに、そうそうたる作家七名──綾辻行人、法月綸太郎、我孫子武丸、歌野晶午、倉知淳、山口雅也、有栖川有栖氏──による自筆寄せ書きの帯。
 霧舎巧氏の最新作『新本格もどき』が発売されました。

 記憶喪失治療中の吉田さんは、カレーショップ『牧場』のマスターが作るカレーを食べるたびに、名作新本格のさまざまな探偵になぜかなりきり、さまざまな事件を解決しようとする、のですが……。

 トリックとロジック、そしてテクニックを駆使した霧舎巧氏の華麗なる世界に、本作品は新本格を代表する名探偵たち(のもどき)が登場。
 これは、●●シリーズの××探偵だ! とマニアならニヤリとする趣向となっています。

 マニアじゃなくても、吉田さんの推理と事件の真相に、ニヤリとします。

 しかも、名探偵たち(のもどき)がただ出てくるだけではありません。
「もどかれた」作品シリーズの世界観も、巧妙に取り込まれています。思わず唸ります。

 それに気がつかなくても、あの場面に出てきた○○がこんなところに関係してくるとは! と伏線の妙に、唸ります。
 まさに新本格の粋(いき)を体現した一冊です。

 本作品を読んでからオリジナルを読み返すも良し。(本作品をまずきちんと買ったあと)オリジナルにあたり、それから本作品を読むも良し。
 どんな読み方をしても楽しめる『新本格もどき』、夏バテ解消に、ぜひ。

 
               (県知事)

posted by kappa at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/52201670
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。