2008年04月01日

『霧のソレア』増刷!

第11回日本ミステリー文学大賞新人賞受賞作、緒川怜(おがわ・さとし)氏の『霧のソレア』、早くも増刷が決まりました。

『霧のソレア』は──

289人を乗せたロサンゼルス発成田行きのジャンボジェット、ボーイング747−200Bが、ニカラグアのテロリストが誤って仕掛けた時限爆弾により、太平洋上で大破。
爆発のため機長は死亡。しかし、女性副操縦士・高城玲子の奮闘で飛行機は成田空港へと向かっていた。
しかし突然、通信機器が使用不能となり、地上との交信ができなくなる。
飛行機をそのまま「墜落」させるため、アメリカが電子戦機を出動させ、電波妨害を始めたのだ。
──いったい、何故?
次から次へと起きる難問題、ページを繰るたびに解き明かされる驚愕の真相。そして、最悪の状況下でもベストを尽くす人々。
米政府、CIA、日本政府、北朝鮮。権力同士の闇のつばぜり合いと、最後まであきらめない女性パイロットの活躍が息を呑む、壮大にして猛スピードで突き進むノンストップ・エンタテインメント。

──です。

国際謀略小説、アクション小説、軍事小説、航空小説の魅力が溢れんばかりに盛りこまれている、ハリウッド超大作映画並みの迫力で、選考委員の有栖川有栖氏、石田衣良氏、田中芳樹氏、若竹七海氏の満場一致で受賞、読者からの評判も上々です。

花粉症で外に出るのが億劫な人でも、家でジェットコースター気分を味わえますよ。


                                                (県知事)


 

posted by kappa at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/91847181
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。