2007年06月06日

『浦島太郎の真相』重版決定!!

好評発売中の鯨統一郎・著『浦島太郎の真相』(カッパノベルス)、重版決定です!!
未読の方は、ぜひ手に取ってみてください。爆笑できる本格ミステリです。
(上海小姐)

posted by kappa at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | カッパに注目! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月09日

カッパ・ワン、最終候補作決定

 5月9日、編集部において、今期カッパ・ワンの2次選考が行われました。
 選考の結果、以下の3作品が最終候補作として決定いたしましたので、お知らせいたします。
『リビドー』
『妄者の迷路(ヒトラー・ラビリンス)』
『三番目の再会』
 最終の選考は、5月18日に行う予定です。
 なお、最終結果はご本人に直接御連絡する予定であります。
(J)
posted by kappa at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | カッパに注目! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月08日

勢い止まらぬ『水上のパッサカリア』!

 みなさまGWはいかがお過ごしでしたか? 東京もすっかり初夏の陽気といった感じで、季節の移り変わりは早いですね。そんな今日この頃ですが、3月19日に発売された海野碧さんの『水上のパッサカリア』が相変わらず売れ行き好調です! おかげさまで3度目の増刷(4刷)が決まりました! 5月6日付「北海道新聞」にはミステリ評論家の村上貴史さんによる書評が掲載されております。「物語の大きなうねりと、そのなかでの人物造形の巧みさをたのしんでいただければと思う」という一文は、まさにこの作品の魅力を伝えていただいていると思います! すでに『水上のパッサカリア』をお読みいただいた方々に、人気上昇中の主人公・大道寺勉の新たな活躍を楽しんでいただくべく、次回作も準備中です。目が離せない新鋭・海野碧さんの二作目も楽しみにお待ちください!
(21)
posted by kappa at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | カッパに注目! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月24日

カッパ・ワン、選考始まる!

大変遅くなりましたが、昨年末締め切りの「カッパ・ワン」応募原稿の選考が昨日、行われました。
1次審査を通った作品は、
「澪の跫音」
「たとえば、あなたが左の道を往くとすれば」
「陽の当たる丘で口笛」
「天近き山」
「リビドー」
「妄者の迷路」
「神のまにまに」
「三番目の再会」
の8作品でした。
五月中には、2次審査を経て決定作をお知らせしたいと思っていますので、しばらくお待ち下さい。
(J)
posted by kappa at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | カッパに注目! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月04日

『ルナ』の書評が「ポンツーン」に掲載されています!

 カッパ・ワンから2月に刊行された沖水幹生さんの『ルナ』ですが「ポンツーン」(幻冬舎)4月号の書評で取り上げられています! 執筆者は香山二三郎さんです。「キャラ萌え」「おたく小説」にとどまらないルナの魅力を、あますことなく伝えていただいております! ぜひお目通しを! 『ルナ』はカッパ・ノベルスから絶賛発売中です!
(21)
posted by kappa at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | カッパに注目! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月15日

『放課後ローズ』が紹介されました!

 カッパ・ノベルスから1月に刊行されました船越百恵さんの『放課後ローズ』が、3月14日付けの「日刊ゲンダイ」で紹介されました! 『放課後ローズ』は、警視庁第七捜査資料課に勤務する個性あふれる三人組(元・警視総監の孫娘、推理小説家志望の純朴な青年、元ヤンキー)が、不慣れな捜査活動で難事件に挑戦する新感覚の警察小説です。個性的な文体とキャラクター造形の巧みさに異才を発揮する新鋭・船越百恵の最新作『放課後ローズ』は好評発売中です! 未読の方は、この機会にぜひ!
(21)
posted by kappa at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | カッパに注目! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月02日

カッパ・ワンが盛り上がってきました!

 1月31日付の記事にあるとおり、2月刊行のカッパ・ワンの新作2作品をケータイサイト「livedoor小説」で公開中です。着実にアクセスいただいているようですので、未読の方もぜひアクセスしてみてください。期待は裏切りません!
 さて、好評発売中のカッパ・ノベルス1月新刊『放課後ローズ』の船越百恵さんは、そのカッパ・ワンからデビューした期待の新世代作家です! 今回の『放課後ローズ』は三作目、新機軸に挑戦した力作であります。個性的なキャラクター造形と、軽妙かつパワフル、読みやすい文体は船越さんならではのもの。本作をきっかけに、新世代作家の作品世界にふれてみてください。『放課後ローズ』は全国の書店さんで好評発売中です!
(21) 
posted by kappa at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | カッパに注目! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月29日

カッパ・ワン最終選考報告

本日、カッパ・ワンの最終選考が行われました。
最終候補作は、以前このブログで紹介した5作品です。
選考結果に関しては、直接著者の方にご連絡させていただきました。ただし、年末ということもあり、ご連絡のとれない方もいらっしゃいました。こうした方には改めてご連絡をさせていただきます。(編集部も明日から年末休暇に入るため、年明けの連絡になるかもしれません。申し訳ありません)
改めて、今回のカッパ・ワン応募作は、高水準の作品ばかりでした。次回以降も、エンターテインメントの可能性を広げる、野心を持った作品を期待します。
(J)
 
posted by kappa at 01:28| Comment(0) | TrackBack(0) | カッパに注目! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月20日

カッパ・ワン最終候補作品、発表

 発表が遅くなりましたが、カッパ・ワンの最終候補作品をこのブログにて発表いたします。
 この場では、作品名だけの発表とします。
『改造外科医 劉 光一』
『龍のグレイト・ゲーム』
『鉄拳の女』
『十九の春』
『月曜のグラス・ウォマン』
 以上の五作品が、最終候補となりました。
 刊行可能、と判断した作品には、直接、著者のかたにノベルス編集部から電話・メールなどで御連絡いたしますので、お待ち下さい。
 なお、最終選考は来週前半を予定しています。
(J)
 
posted by kappa at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | カッパに注目! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月12日

カッパワン選考情報

 今週の月曜日にカッパ・ワンの2次選考を編集部内で行いました。
 選考の結果、最終選考に残った作品は現在、4作品です。
 ただ、2次に選考に残った作品の中で、もう少し検討を要する作品が数本あり、最終的な候補作の決定にはもう少し時間が必要な状態になっております。ご応募頂いた方には申し訳ありませんが、最終候補の発表までにはもう少しお待ち下さい。
(J)
posted by kappa at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | カッパに注目! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月01日

カッパ・ワン選考情報

 昨日、ノベルス編集部内でカッパ・ワンの一次選考(2回目)を行いました。
 今回でほぼ、一次の選考を終えることができました。一二月中に二次選考を行い、できれば年内に刊行作品の決定まで行う予定です。
 応募された方、もう少し、お待ち下さいませ。
 来週中には、このブログで二次選考に残った作品を掲示できれば、と思っています。
(J)
posted by kappa at 10:38| Comment(0) | TrackBack(0) | カッパに注目! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月04日

続報! 「アルスラーン戦記」!!

皆様やきもきされていることと思います。続報が遅れてしまいましたが、先日、軽井沢にお伺いして「アルスラーン戦記」最新第12巻第二章のお原稿、いただいてまいりました! この第二章も面白いのなんの! 思わず唸り声を上げてしまいました。まさか、こんなに早くこの展開に・・・・・・。
はやく、はやく続きが読みたい・・・・・・と禁断症状が出ている私ですが、田中先生は絶好調ご執筆中で、予定されたより早く第三章のお原稿もいただけそうです!
お待ちいただいている読者の皆様にも出来るだけ早く、この新作をお届けしたいと思っております。正式な発売日やタイトルなども、決まり次第この場を使って皆様にお知らせしたいと思っております。いましばしお待ち下さいませ!
(21)
posted by kappa at 16:08| Comment(0) | TrackBack(0) | カッパに注目! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月12日

Kappa-One!

一雨ごとに秋の気配が感じられるようになってまいりました。
皆様からもお問い合わせの多い、kappa-Oneですが、6月締め切り分の選考をこれから行います。
ここしばらくは、該当作もなく、また経過なども分かりにくく不安に思われている方も多いと思いますが、出来うる限り、このブログを使って今後は経過をご説明していく予定です。
普通の新人賞の選考と違って、作品を練り込んでデビューしていただくこともあり、刊行時期は明確には申し上げにくい場合もありますので、そうした点も、この場でご報告できればと考えております。
 
なお、来春あたりまでには、以前選考のあったkappa-One応募作の新作も刊行できそうですので、こちらもご期待ください!
 また、日本ミステリー大賞新人賞の2次選考も行われ、小説宝石10月号(9月20日発売予定)に最終候補作品が掲載されますので、ご応募いただいた方は、ぜひ注目ください。
後日、このブログでも最終候補作については掲載させていただきます。(J)
 
posted by kappa at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | カッパに注目! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月23日

8月も熱愛で

皆様、すでに8月のカッパ・ノベルス新刊2冊を、書店さんなどで見られましたでしょうか?
石持さんの第一短編集の『見えない敵』と加賀美さんの『風果つる館の殺人』。
お二人は、カッパ・ノベルスの新人作家公募企画「kappa・one」の第一期の同期デビューになります。
デビューされてからも、それぞれが、ミステリー作家として着実に作品の足跡を残し、今回、同時刊行の運びとなりました。
 
7月、8月と2ヶ月連続で行った「ミステリー熱愛宣言!」
5作品それぞれが、今日のミステリーの持つ面白さをしっかりと皆様に伝えられる作品だと思います。存分に愉しんでください。(J)
 

posted by kappa at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | カッパに注目! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月09日

増刷です!

台風接近で、どうも気持ちが落ちつかない今日このごろでございます。
若竹七海さんの「猫島ハウスの惨劇」、増刷が決定しました! お読みいただいた方々、本当にありがとうございました。
同時刊行の芦辺さん、霞さんの作品も、非常に好評を頂いております。重ねて御礼申し上げます。
8月の新刊も無事に校了となりました。
石持さん、加賀美さんの2作品については、これから情報をどんどんアップしていきます。
カッパ・ノベルスの「ミステリー熱愛宣言」シリーズ、是非、注目ください!
 
posted by kappa at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | カッパに注目! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月03日

ポップ

すっかり夏らしい日が続くようになってまいりました。
7月新刊のノベルス作品3作をお書きいただいた、芦辺さん・霞さん・若竹さん、3氏による手書きポップ、書店さんでみられましたでしょうか?
いくつかの書店さんを回って、実際に展示されているポップをみましたが、どの書店さんも素敵にレイアウトされていました。
8月のノベルス作品も同様のポップを作る予定です。
是非、ノベルスの棚に足を向けてみてください!
 
posted by kappa at 16:13| Comment(0) | TrackBack(0) | カッパに注目! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月01日

梅雨明けて

やっと、長い梅雨があけました。今年は5月から梅雨のようなものでしたから、本当に長かった、と感じました。
先月、発売されたカッパ・ノベルス3点、四六判1点は、もう読まれましたでしょうか?
夏樹さんの「見えない貌」には、社会派ミステリーとしてのあつみが、
若竹さんの「猫島ハウスの騒動」には、猫好きにはたまらない仕掛けが、
芦辺さんの「千一夜の館の殺人」には、未だかつてない、スピード感が、
霞さんの「プラットホームに吠える」では、全く新しい鉄道ミステリーの魅力が、
詰まっています。 
それぞれが、”今”のミステリーの持つ面白さを、突き詰めた作品だと思いますので、是非、夏の暑さを忘れるためお読みください。
 
8月にも新しい魅力満載のラインナップを揃えています。
「ミステリー熱愛宣言!」企画第2弾も控えてますので、是非、ご期待を!
 
 
posted by kappa at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | カッパに注目! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月18日

7月は熱愛で

いよいよ、ノベルス編集部発の7月新刊が20日頃から書店さんに並びます。
四六判ハードカバーでは、夏樹静子さんの5年ぶりの長編作品、『見えない貌』。
親子の絆をテーマにした、1200枚を超える力作です。最近の事件を考えてみても、今ほど、親子の在り方が問われている時代はないかもしれません。こうした時代性を背景に、夏樹さんが「親子の思い」を描いた力作。お楽しみください。
 
7月のカッパ・ノベルスは3点。
「ミステリー熱愛宣言!」というキャッチコピーのもと、ミステリー愛のあふれた作品がそろいました。
 
まず、若竹七海さんの「猫島ハウスの騒動」
若竹さん、久しぶりの書下ろし長編です!
百匹の猫が暮らす「猫島」を舞台にユーモアとシニカルを絶妙にブレンドしたコージーミステリー。
杉田さんの描くカバー&本文イラストにも注目してください!
 
そして芦辺拓さんの「千一夜の館の殺人」
誰もが知っている「アラビアンナイト」をモチーフに、芦辺さんが仕掛けたジェットコースターミステリー! ページを捲ったとたんから、もう本を手放すことはできません。
 
最後に霞流一さんの「プラットホームに吠える」
まったく新しい鉄道ミステリーの出現です。霞さんにとっても新境地といえる作品。推理小説がもっていた面白さをふんだんに盛り込んだ、本格推理小説を存分にお楽しみください。
 
ノベルス判の著者の方には、オリジナル手書きポップを作って頂きました。
お近くの書店で目にされたら、そちらにも注目してください。
posted by kappa at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | カッパに注目! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。