2006年12月27日

クリスマスには、ウィルスを

私事ながら、この週末から週明けにかけて、やられてしまいました、ノロウィルスに。
長男が先週から、怪しい排便をしていたのですが、まず、妻が倒れ翌日、自分にも……。
なんとも素敵なクリスマスプレゼント、親孝行な息子です。3日間、ほとんど食事もとれず、2キロもやせることが出来ました。
今日からなんとか職場復帰しましたが、カッパ・ワンの最終選考もずれ込んでしまいました。ご関係者の皆様にはお詫び申し上げます。明日、選考を行う予定ですが、連絡等は、年をまたぐかも知れません。
(J)
posted by kappa at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 編集部日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月18日

今年を想う

 今年もあと実質2週間あまりとなってしまいました。つきなみですが、早いなと感じます。
 このブログも始めてから半年がたちます。
 その間、幸せなことですが、7月以降ノベルス編集部では、毎月新刊増刷を行うことができました。これは、なかなか凄いことだと思っています。
 また、年末では平山夢明さんの『独白するユニバーサル横メルカトル』が、「このミステリーがすごい!」の一位を獲得できました。担当も含めて、「本当か」、という言葉が真っ先に頭に浮かびました。石持浅海さんの『顔のない敵』も各誌で高評価をいただきました。本当にありがたいことです。
 一つ一つの作品を、読者の皆様に読んで頂くため、これからも編集部のなかで、きっちりとした本作りを目指してまいります。
 「面白い」といっていただけることこそが、我々の目標であります。その想いをしっかりと込めて来年からも励んでいきます。
 カッパ・ワンの最終候補作品決定は明日には行いたいと考えておりますので、もう少しお待ち下さい。
(J)
 
posted by kappa at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 編集部日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月29日

気付けば12月

 11月も余すところ、今日を含めてあと2日。
 気付けば師走の足音が聞こえてまいります。すでに年末進行、などという言葉も聞こえてくる日々でもありますね。
 ノベルス編集部の12月の刊行日も少々変則的になります。
 まず、12月6日に田中芳樹さんのアルスラーン戦記の最新作、『暗黒神殿』が刊行されます。
 続いて13日に、西村京太郎さんの『北リアス線の天使』が、カッパ・ノベルスで刊行します。
 また同日に若竹七海さんと杉田比呂美さん、お二人の手がけられた絵本『親切なお化け』が刊行されます。
 西村さんと若竹さん・杉田さんの作品の詳細については改めてこのブログで紹介致しますが、発売日が普段とことなりますので、ご注意下さいませ。
 2作とも今年の掉尾を飾るにふさわしい作品ですので、ぜひ、ご注目下さい。
(J)
posted by kappa at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 編集部日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月24日

冷たい雨

 雨も3日目。好天が続いた分、降り始めるとなかなかやみません。
 本日はこれから、盛岡へ。東京でもけっこう寒くなってきましたから、彼の地もそれなりに寒くなっていることでしょう。
 日帰りで出張の後、明日はいよいよ、日本ミステリー文学大賞新人賞の選考です。
 新人賞ははたして!?
 良い選考になるよう、頑張らなければ!
 結果は、明日、できれば更新をいたします。
(J)
 
posted by kappa at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 編集部日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月20日

「長野殺人事件」とブログの紹介

現在、「小説宝石」で好評連載中の内田康夫さんの「長野殺人事件」。
新キャラクターの登場とともに、ストーリーは佳境を迎え、浅見光彦の名推理も輝きをましてまいりました。
そんな浅見光彦の名前を冠したファンクラブが「浅見光彦倶楽部」。現在、ホームページも開設されており、頻繁に更新されるブログも好評です。「長野殺人事件」を読まれて関心を持った方は、是非、アクセスをしてみて下さい。
浅見光彦の家 http://www.asami-mitsuhiko.co.jp/
スタッフブログ http://www.asami-mitsuhiko.co.jp/modules/xeblog/
(J)
 
posted by kappa at 15:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 編集部日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月17日

水炊き

 昨夜、池袋で作家さんとのうち合わせをしました。その際に黒衣が予約をしたのが、水炊き屋さん。
 さて、うち合わせに臨む三人が地図をみながら、らしき所に到着をすると、目の前には、巨大な板が。うーむ、これはドアなのか、本当にドアなのか? しかも、来店の際には、入り口(多分)脇にある、インターフォンで、来店を告げなければいけないシステム。むむむぅ、怪しげです、とっても怪しげです。
 「光文社の黒衣の名前で予約をしました」と名前を告げても、なかなかドアが開かないので、こちらから開けることにしたのですが、これが重たい。すると、中から「こちらから開けますので」との声がありました。すいません、短気は損気ですね。
 中に入ると、またこれが、こった複雑な作り。方向音痴の私は、10歩目で自分がどこにいるのか、よく分からなくなりました。
 うち合わせ相手の作家さんも、迷ってしまわれたのこと。ただ、全室個室で、ゆっくりとお話をするには、とてもよい環境でした。料理も仕上げにラーメンと雑炊、両方をいただけるというサービスで、全体的に適度なボリュームとサーブの配分。
 なかなか良いお店でした、ハイ。
 いよいよ、来週25日には、日本ミステリー文学大賞及び新人賞の選考が行われます。
 どのような結果になるのか、皆様、ご期待下さい!
(J)

posted by kappa at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 編集部日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月04日

ファンの方、書店の方、スタッフの方

 先週金曜日から、今週火曜日まで、出張と書店周りに明け暮れておりました。
 その先々で感じたこと、それは「本当に、ありがたい!」
 作家を支えるスタッフの頑張り。作家を愛する読者・ファンの皆様の強い想い。本を愛し、読者にお届けするために様々な工夫をしていただいている書店員の情熱。そしてこうした想いにしっかりと応える作家の方の真摯な姿勢。
 私たちが、今やらなければいけないことはなにか、を再認識した5日間でした。
 皆様、本当にありがとうございます。これからも、さらにノベルス編集部、一丸となって頑張っていきます。
 (J)
 
posted by kappa at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 編集部日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月17日

ベテラン編集者

今夜、ある講習の打ち上げの席に同席させていただきました。
講師の方は、昭和七年生まれの超ベテラン編集者。私が入社したばかりの頃のお話や、それ以前のお話を興味深く拝聴いたしました。
周りにいた方はほとんどが私よりもお若い方ばかり。なかなか、つかみにくい部分も在ったと思います。ただ、こうした話を”伝えて”いくことは、とても大事なことだなと思いました。
自分がこれから、どういう事を伝えていくのか。
もう少し、しっかりした根っこを作らねばいかんなぁ、と雨の帰り道に思い至った(J)でした。
posted by kappa at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 編集部日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月22日

間もなく刊行される続編の前に、『誰か』をぜひ!

 八月十五日午後二時ごろ。大型マンションに面した公道で、自転車による死亡事故が起こりました。それが、亡くなった初老の運転手のささやかな秘密をめぐる物語の始まりだったのです──。
 二〇〇三年に発表され、二〇〇五年にカッパ・ノベルス版が刊行されました、宮部みゆきさんの現代ミステリー長編『誰か Somebody』。その続編がまもなく刊行されます。
 タイトルは『名もなき毒』。『誰か』に心を動かされた皆さんは、必読です! もし、まだお読みになっていないようでしたら、ぜひ『誰か』から、お読み下さい。新しいオビにつけかえて、店頭でお待ちしています。二〇〇六年の夏を、忘れられないものにしてくれはずです。

(黒衣)
posted by kappa at 12:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 編集部日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月20日

親子の……

事件報道を目にするとき、本当に多いな、と思うのが「親子」を巡る事件です。
秋田の事件などは、記事を読めば読むほど、胸が苦しくなってきます。カップ麺を抱えていた女の子−−。夜、外で一人、それを食べている子供の姿を思うと……。
夏樹静子さんの新作のテーマは「親子の絆」、です。
親子とは、いったいどんなものなのか。
夏樹さんの重厚な筆致で描かれた物語のすごみ。読み終えたとき、どのような感想を皆さんはもたれるでしょうか?   J
posted by kappa at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 編集部日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月19日

梅雨なんです

また今日も雨。今年はゴールデンウィークが終わってから実質、ずっと”梅雨”に入っている状態ですね。こんな天気な時期は、家にこもってゆっくり読書、といきたいものです。
先日もある方とうち合わせ中に、「今年の果物はダメかもしれないなぁ」とついつい農家の方の心配を二人でしてしまいました。高校野球の予選もこの長雨でスケジュール消化がうまく出来ていない様子。試合間隔が詰まって投手に負担がかからなければよいなと思います。
7月は、梅雨の鬱陶しさを吹き飛ばす、「ミステリー熱愛宣言!」フェア3作で、愉しんでくださいませ!   J
 
 
 
posted by kappa at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 編集部日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。