2008年12月25日

一人酒のお供に(そのいち)

いい感じのバーのカウンターで、にぎやかにざわめく居酒屋の片隅で、おうちでこたつに入りながら、一人でお酒を飲むのが好きなあなた。そんなあなたのお酒につきあってくれるすてきな本をご紹介したいと思います。
今日はその第一弾。おすすめするのは坂木司さんの「短劇」という作品です。タイトルのとおり26の不思議な味のショートストーリーは、ふわりとすてきな酩酊感を与えてくれます。詠みながらどんどん読む人の心の中にイマジネーションの風を吹き込んでくれるので、読みながら思いがけないことを思い出させてくれたりもします。忘れていた昔の友達。恋人に言われたあのひと言。etc…。坂木さんのファンも、まだそうではない方も、よろしければぜひこの本で一杯やってみてください。すてきな時間が過ごせますよ。(席亭)
posted by kappa at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月15日

追加! 『田村はまだか』

こんな時代にはしご酒をすると景気高揚に役立っている気がします。

「新刊ニュース」1月号で、「王様のブランチ」書評コーナーでおなじみの松田哲夫氏による「2008年日本の小説ベスト10」で、朝倉かすみ氏『田村はまだか』が第9位に選ばれました!

とりいそぎ!

(県知事)

posted by kappa at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月12日

少し早いですが寝正月のお供に。

12月なのにあまり寒くない日が続いていますね晴れ
2週間後には年末なんて、信じられません。

27日〜お休みの方は9連休グッド(上向き矢印)
底なし不況の真っ只中、このお正月はどこにも行かず家で読書がぴったりです本


おススメするのは11月20日に刊行された、樋口直哉さんの書下ろし長編、『星空の下のひなた。』
猫と料理が好きな人にはたまらない、過去と現在、夢と現実を行き来する不思議な恋愛小説です。
しかも装画はなんと、人気漫画家の五十嵐大介さんによる描き下ろしexclamation

実は五十嵐さんのこれまでの作品と、樋口さんの今回の作品には不思議な共通点がいくつかあるんです。
・「隕石」が大事なファクターとなること
・「ひなた」という名前が出てくること
・「猫」が重要な役割をすること
・「料理」をモチーフに使っていること・・・

そんなお二人は初対面で料理や創作の話に多いに盛り上がり、すっかり意気投合しておられました。
その対談の様子は、現在書店などで配布中の「本が好き!」(2009年1月号)にてご覧になれます。

寝正月のお供にぜひ、『星空の下のひなた。』だけでなく、
『海獣の子供 1〜3巻』『魔女 全2巻』『カボチャの冒険』などの五十嵐作品も手にとってみてくださいぴかぴか(新しい)

(mm)

posted by kappa at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月08日

『田村はまだか』キノベス7位

 1年は12ヶ月ありますが、10月で締めちゃって除夜の鐘、「あけましておめでとう!」でいいんじゃないでしょうか。
 長すぎます、一年。体力持ちません。

 読書好きには年末の恒例行事的になりました、年間ベスト。
 今年もいろいろ出そろいました。

 紀伊國屋書店員の方々が選ぶ年間ベスト「キノベス2008」http://www.kinokuniya.co.jp/01f/kinobes/2008/に今年2月発売でTBS系「王様のブランチ」などでも取りあげられロングセラーとなっている朝倉かすみ氏著『田村はまだか』が第7位に入りました。

 このベストは、「小説」だけでなく、ノンフィクション、翻訳など、今年一年に出た新刊全てから選ばれます。
 
 来年、2009年1月には、朝倉氏の新刊『ロコモーション』も発売決定!
 書下ろし長編です。
 ある一人の女のひとと、その友人や恋人との交流を描いた、読んでいる最中に息をしたら何かが壊れるんじゃないか、と不安になるほどデリケートで魔力がある物語です。
 
 『田村はまだか』では止まらない朝倉かすみ氏の才能、楽しみにしていて下さい!

(県知事)
 
 
posted by kappa at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月23日

第12回日本ミステリー文学大賞及び新人賞!

 昨日、10月22日、日本のミステリー文学の発展に貢献した作家、評論家に贈られる第12回日本ミステリー文学大賞(光文シエラザード文化財団主催)の選考会が開かれ、大賞には、島田荘司さんが選ばれました!
 同時に選考された第12回日本ミステリー文学大賞新人賞(公募)は、結城充考(ゆうきみつたか)さんの「プラ・バロック」が決定!
 お二方、誠におめでとうございます!!

 大賞の授賞を、島田さんにお伝えしたところ、まったく予想も、予期もされていなかった島田さんは、当惑気味…。
 その電話は、ちょうど、台湾の皇冠出版が主催し、ミステリーのアジア・グローバルな展開を目指して創設された「島田荘司推理小説賞」の重要な打ち合わせの席にかかったようで、「新人発掘の新人賞と違って、権威とか、箔づけのための賞には興味がないので」という理由で、当初は、辞退のニュアンスも、おっしゃいました。
 しかし強い説得に応じ、ミステリー界全体の未来を考えていただいたうえで、めでたく、受賞決定に至りました。
 日本のミステリー界のマイスターを顕彰する、この日本ミステリー文学大賞にとっては、今回の島田さんの受賞は、まさに、誠に慶賀すべき出来事です。
 本格と、ミステリー界全体の隆盛のために、島田さんも、小社も、さらに頑張りつづけます!       (N)
 
posted by kappa at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月21日

13年の時を経て、キッド・ピストルズ、遂に帰還! サイン会が開かれます。

キッド・ピストルズといえば、奇想の本格推理作家・山口雅也の代表作シリーズにして、多くのミステリファンが愛してやまない名探偵です。
いちおうは、イギリスはロンドンの、スコットランドヤードに所属する刑事なのですが、そのアクロバティックな設定とパンクでキッチュな容貌は、ぜひ作品を読んでご確認いただきたいところ。
そんなキッド・ピストルズが、待望の復活です。オーディエンスの声が、この気まぐれな名探偵を呼び起こすことに成功しました。新作のタイトルは、その名も『キッド・ピストルズの最低の帰還』! 不敵で小面憎い物腰はそのままに、推理の冴えも健在のキッドの活躍にご注目下さい。

5月31日にキッド・ピストルズ来日、じゃなくて最新作刊行記念のサイン会が開催されます。著者(キッド・ピストルズ伝記作家)の山口雅也さんとともに、キッドの帰還を言祝ぎに、ぜひご参集下さい。
詳細は下記です。

『キッド・ピストルズの最低の帰還』刊行記念
山口雅也さんサイン会

日時 5月31日14:00〜
会場 三省堂書店 神保町本店1階 特設会場
お問い合わせ 神保町本店 1階 03−3233−3312(代)

※『キッド・ピストルズの最低の帰還』をご予約またはお買い上げの方、先着100名様に1階レジにて参加整理券をお配りしております。また、お電話によるご予約も承ります。
よろしくお願いします!


(黒衣)

posted by kappa at 13:34| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月20日

梶尾真治『アイスマン。ゆれる』の朗読番組が放送中です。

恋愛を成就させることのできる特殊な能力をもった女性とその友人たちの、せつなくてじれったい恋模様を描いた、梶尾真治さんの最新作『アイスマン。ゆれる』。
名手・梶尾さんの、『クロノス・ジョウンターの伝説』『黄泉がえり』などのヒット作と並ぶ、叙情派の傑作です。
この作品が、ラジオの朗読番組になりました。
5月15日から、RKK熊本放送で、毎週月曜〜金曜、朝5時55分〜6時に放送中です。
この番組「おはよう文庫」では、これまでにも梶尾さんの小説が朗読されつづけていて、今回、『アイスマン。ゆれる』の登場となりました。
毎日少しずつ進む、30代男女の恋模様と、人生を変えることのできる不思議な能力の全貌。
聴取可能な地域の皆さんは、既読の方も未読の方も、ぜひ聴いてみて下さい。

(黒衣)
posted by kappa at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月14日

新たな本格ミステリーの賞が!

 本格ミステリー界の話題をさらった「島田荘司選・福山ミステリー文学新人賞」の第一回締め切り(2008年5月10日)も過ぎ、今年10月の受賞作の決定・発表を待つばかりとなりましたが、ここで、また、島田さんがらみのビッグ・ニュースを、ひとつ。

 台湾の大手出版社である皇冠文化出版有限公司の主催による「島田荘司推理小説賞」の募集が、いよいよ始まりました!

 大賞受賞者一名には、繁体字・簡体字の中国語版、日本語版およびタイ語版の出版が約束された、このグローバルな新人賞の応募締め切りは、2009年2月28日。(日本語版の刊行版元は、文藝春秋。)

 島田さんのお名前を冠したこの新人賞が求める作品像は、「謎の出現と、その解明時の驚きを誘導する装置」としての本格ミステリー。

 そして、この新人賞の創設趣旨は、島田さんの言葉を借りれば、「ミステリーをキーワードに、アジアの全域に広がってひとつに結んでいく、壮大な夢をはらむ企画」です!

 応募要項等の詳しい情報は、下記のURLを、ご参照ください!



http://www.crown.com.tw/no22/SHIMADA/S1.html
posted by kappa at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月10日

『田村はまだか』増刷!

「いつくるかいつくるか」と田村を待っているうちに、朝倉かすみ氏『田村はまだか』増刷がかかりました!

2月に刊行され、じわじわと、売れ続けていました。
「増刷、いつくるかいつくるか」と待っていました。

書評、著者インタビューも、たくさん取り上げていただいています。
「週刊女性」、「産経新聞」、「週刊新潮」、「星星峡」、「本の雑誌」、地方紙配信の書評……。
また、ブログでも、話題となっています。


深夜のバー。小学校のクラス会の三次会。四十歳になる男女五人が 大雪で列車が遅れ、クラス会に参加できなかった「田村」を待つ。

──物語は、こんな感じで始まります。

「田村」は小学校の有名人だった。有名人といっても人気者という意味ではなく、その年にしてすでに「孤高」の存在であった。
貧乏な家庭に育ち、小学生にして、すでに大人のような風格があったのだ。


そんな「田村」を待つ各人の脳裏に浮かぶのは、過去に触れ合った印象深き人物たち。

──この「印象深人物たち」というのが、また、魅力的。

今の自分がこのような人間になったのは、誰の影響なのだろう――。
ちょっと人生に投げやりになり始めた世代、四十歳の彼らは、酔いながら、田村を待ちながら、自問自答します。

──で、田村はやってくるのか? 田村を待つことによって、彼らは、何を知るのか?

ラストでは、ああ、こういう感動の形があったのか、と最良の読後感を得られます。
登場人物は、みんな、等身大、普通の人たちなんですけどね。


「胸にぐっとくるエピソードが、あなたを待っている。そんな忘れがたい物語」という書評家・豊崎由美さんの素敵な言葉が入った新帯で、増刷です。


  (県知事)

posted by kappa at 10:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月01日

『霧のソレア』増刷!

第11回日本ミステリー文学大賞新人賞受賞作、緒川怜(おがわ・さとし)氏の『霧のソレア』、早くも増刷が決まりました。

『霧のソレア』は──

289人を乗せたロサンゼルス発成田行きのジャンボジェット、ボーイング747−200Bが、ニカラグアのテロリストが誤って仕掛けた時限爆弾により、太平洋上で大破。
爆発のため機長は死亡。しかし、女性副操縦士・高城玲子の奮闘で飛行機は成田空港へと向かっていた。
しかし突然、通信機器が使用不能となり、地上との交信ができなくなる。
飛行機をそのまま「墜落」させるため、アメリカが電子戦機を出動させ、電波妨害を始めたのだ。
──いったい、何故?
次から次へと起きる難問題、ページを繰るたびに解き明かされる驚愕の真相。そして、最悪の状況下でもベストを尽くす人々。
米政府、CIA、日本政府、北朝鮮。権力同士の闇のつばぜり合いと、最後まであきらめない女性パイロットの活躍が息を呑む、壮大にして猛スピードで突き進むノンストップ・エンタテインメント。

──です。

国際謀略小説、アクション小説、軍事小説、航空小説の魅力が溢れんばかりに盛りこまれている、ハリウッド超大作映画並みの迫力で、選考委員の有栖川有栖氏、石田衣良氏、田中芳樹氏、若竹七海氏の満場一致で受賞、読者からの評判も上々です。

花粉症で外に出るのが億劫な人でも、家でジェットコースター気分を味わえますよ。


                                                (県知事)


 

posted by kappa at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。