2008年02月28日

誉田哲也さんのサイン会があります!

警察小説・犯罪小説を皮切りに、最近は青春小説でも多くの注目を集めている俊英・誉田哲也。

最新刊の『シンメトリー』は、そんな誉田さんの出世作『ストロベリーナイト』で颯爽と登場した女刑事・姫川玲子が主人公のシリーズ、3作目にあたります。

本作は、シリーズ初の短編集。警視庁捜査一課所属の警部補として、日夜捜査に明け暮れる玲子がいままでに携わってきた7つの印象的な事件が描かれています。

先週末の発売から早くも大反響で、即増刷も決定しました。
今後もりあがること間違いなしの、新鋭作家さんです。読み始めるなら、今ですよ!

そんな誉田哲也さんのサイン会が3月5日開催されます。
概要は、以下のような感じ。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
新刊『シンメトリー』刊行記念 誉田哲也さんサイン会開催のお知らせ
■3月5日(水)午後6時30分〜 ブックストア談 浜松町店
先着100名様(要整理券) /(問合わせ)03−3437−5540
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

書店さんのWEBサイトのリンクも貼っておきます。ご覧になってみてください。
http://www.bunkyodo.co.jp/danhp/hama/007.htm

誉田哲也さんにとって、デビュー以来初めてのサイン会です。
なかなかない機会ですので、お近くの方、お時間の都合のつく方はぜひ、浜松町にご参集ください!

(黒衣)

posted by kappa at 12:53| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月22日

要注目。朝倉かすみ『田村はまだか』発売!

  深夜のバー。小学校のクラス会の三次会。四十歳になる男女五人が友を待つ。
 大雪で列車が遅れ、クラス会同窓会に参加できなかった「田村」を待つ。

「田村」は小学校の有名人だった。有名人といっても人気者という意味ではない。その年にしてすでに「孤高」の存在であった。
 貧乏な家庭に育ち、小学生にして、すでに大人のような風格があったのだ。


 そんな「田村」を待つ各人の脳裏に浮かぶのは、過去に触れ合った印象深き人物たち。

 今の自分がこのような人間になったのは、誰の影響なのだろう――。
 四十歳になった彼らは、自問自答する。


 それにつけても田村はまだか? 来いよ、田村。


 酔いつぶれるメンバーが出るなか、彼らはひたすら田村を待ち続ける。

 そして……。


 自分の人生持て余し気味な世代の冬の一夜を、軽快な文体で描きながらも、ラストには怒濤の感動が待ち受ける傑作の誕生。



 ……というあらすじの物語。

 かなりざっくり言うと、飲み屋で「田村」を待つだけの物語なのですが、読ませます。最後まで読まずにはいられない魅力があります。
 今か今かと人を待つ。旧友を待つ。この喜び、味わえます。

 まだ数冊しか作品を発表していない朝倉かすみ氏ですが、そのセンス、才能、技術はピカイチ。
ご本人のブログ「アサクラ日記」http://d.hatena.ne.jp/ASAKURA/ 2008/2/20に

「第一話だけでも、ぜひ、立ち読みしてください、と、心から願う。」


 とありますが、本当にそう思います。

「そして、もしも、つづきが読みたくなったら、ためらわずにレジへ。」

 とそのあと続きますが、本当にそう思います。


 飲み会三次会の、めためたな感じが好きなあなた。
 あるいは、気の置けない仲間となら、本当は最後までうだうだと時間を潰したいのに、明日の仕事、待つ家族のことを考えて終電で帰るあなた。

 人を待つワクワク感を知っている幸福なあなた。

 読んでみて下さい。

           (県知事)

posted by kappa at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月17日

岩井三四二『たいがいにせえ』発売!

ある意味今年一番のサプライズを作った安倍前首相も愛読書として挙げた『難儀でござる』で大ブレイクした岩井三四二氏の新刊『たいがいにせえ』が刊行されました。


バテレンの密送を依頼された船乗り。引き受けたものの、航路には海賊が、キリスト教に厳しい勢力がうじゃうじゃ。しかも、船上ではバテレンがわがままし放題。
面倒だ。(バテレン船は沖を漕ぐ)

質問──さあ、どうする?
答え──あたふたする。


気弱な殿様のもと、旗色をはっきりさせずひっそりと過ごしていた弱小の名門一族。しかしある日、いきなり織田信長軍が「あんたの領地を通らせろ。ついでに一泊させろ」と言ってきた。しかも信長側の交渉役が悪名高き松永久秀。
怖い。(信長の逃げ道)

質問──さあ、どうする?
答え──あたふたする。


戦国時代を舞台に、あたふたしつつなんとか解決していこうとする主人公たちを、ユーモラスに、時には厳しくも愛情豊かに活写した満足度百%の短編集です。

嫌なことがあっても『たいがいにせえ』と呟きつつ、がんばっていきまっしょい。
                                  (県知事)
 
posted by kappa at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 新刊情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月22日

[ 『マリアの月』刊行記念サイトを特設!

第六回日本ミステリー文学大賞新人賞受賞者・三上洸さんの新刊『マリアの月』刊行を記念して、特別サイトが開設されました。

http://mikami-akira.seesaa.net/

作品紹介のほか、カバー写真の人形を製作された大野季楽さんの情報など、『マリアの月』関連の話題が満載。
ぜひ、ご覧ください!

(チョペ)
posted by kappa at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月19日

『烏金』またまた増刷です!

西條奈加さんの『烏金』(からすがね)が、追加重版決定しました!
未読の方は、この機会にぜひ♪
(上海小姐)
posted by kappa at 15:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月01日

石持浅海さん『心臓と左手』あっという間の増刷です!

 カッパ・ノベルス9月新刊、石持浅海さんの『心臓と左手』ですが、おかげさまであっという間に増刷となりました! 読者の皆様、ありがとうございます。

 この作品、あの名作『月の扉』に登場した名探偵、“座間味くん”がキレキレの名推理を繰り広げる傑作集となっております。本格推理短編の魅力を、これでもかというぐらいに凝縮した一冊といっても過言ではないでしょう。

 さらに、収録作「再会」には、『月の扉』事件の「その後」が意外な形で描かれております! 『月の扉』を読まれた方には、まさに必読。

 まだお読みでないという方、いますぐ書店さんへ!
(21)
posted by kappa at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 新刊情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

赤城毅さん、「帝都探偵物語」最新作です!

 精力的に、数多くの人気シリーズを発表し続けている赤城毅さん。なかでも最強・最長・再注目「帝都探偵物語」最新作の登場です!
 
 本作『虎落笛鳴りやまず』(虎落笛はもがりぶえ、と読みます)では恐るべき「虎」の凶行に、お馴染みの名探偵・木暮十三郎が肉薄していきますが、今回の作品、今までの作品とはちょっと違う趣向を凝らしております。倒叙形式(刑事コロンボや古畑任三郎でお馴染みの、あれです)になっておりまして、犯人側から見た十三郎という人間が、いかに優れて、いかに「ヤなやつ」(「著者のことば」より)かが分かります。

 人気シリーズの新たな魅力を存分に堪能できる、『虎落笛鳴りやまず』は大好評発売中!
(21)
posted by kappa at 13:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 新刊情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三年に一度の豪華アンソロジー、出ます!

 カッパ・ノベルスから、三年に一度の豪華アンソロジーが本年刊行です! 日本推理作家協会編纂の最新ベスト・ミステリー、第一弾のタイトルは『名探偵の奇跡』! この豪華なラインナップをご覧ください。
赤川次郎、芦辺拓、有栖川有栖、泡坂妻夫、大沢在昌、北森鴻、坂木司、柄刀一、西澤保彦、法月綸太郎、柳広司、横山秀夫(敬称略)

 当代きっての人気作家がそろい踏みです! 傑作揃いの本作で、秋の夜長を楽しんでください!!
(21)

posted by kappa at 13:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 新刊情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月25日

あさのあつこ氏『夜叉桜』刊行&サイン会のお知らせ

あなたにも、触れられたくない過去があるでしょう?
私にも、あります。
人には言えません。
その過去を償うために、けっこう真面目に生きています。
それを、誰かに邪魔をされたら……。
普通に、ただ普通に生きようとしているだけなのに……。

あさのあつこ氏『夜叉桜』、「小説宝石」連載中もいつ本になるのかという問い合わせが多かったのですが、9月20日、刊行されました。


江戸の町で発生した女郎連続殺人事件。
切れ者ゆえに世にいらだつ同心・信次郎は、被害者の一人が挿していた簪(かんざし)が、元暗殺者の小間物問屋主人・清之介の店『遠野屋』で売られていたことを知る。
因縁ある二人が交差したとき、市井の人々がおのおの隠し抱えていた過去が徐々に明かされていく。
生き抜く哀しさを、人は歓びに変えることが出来るのか?


『バッテリー』が少年たちの成長を描いた物語なら、この『夜叉桜』、「生きる苦み」を知ってしまった大人たちへの強烈なメッセージが込められています。


生きることに小さな戸惑いを覚えているあなた。
上質な物語にどっぷりはまりたいあなた。
秋の夜長に、ぜひ。


※あさのあつこ氏サイン会のお知らせ
10月7日(日)13:30〜14:30 紀伊国屋書店 新宿本店(東京)http://www.kinokuniya.co.jp/01f/event/event.htm#honten_05 先着100名様(要整理券)/問い合わせ 03−3354−0131

10月8日(月)12:00〜13:00 八文字屋 北店(山形市) http://www.hachimonjiya.co.jp/ 先着100名様(要整理券)/問い合わせ 023−682−3388
             

  (県知事)
posted by kappa at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月30日

『新本格もどき』増刷! 絶好調!

発売から約一週間。霧舎巧氏『新本格もどき』増刷が早くも決まりました。
『新本格もどき』、書店に並んでいるのをご覧になりましたか?

ひやりとするイラストに、「おお豪華!」な人気作家直筆コメントの帯(ちなみに原本の色紙は霧舎氏に寄贈)。
ノベルス新刊コーナーで、ぷんぷん異彩を放っています。

内容は緻密かつ洒脱な霧舎巧氏の世界。満足保証。
まだくそ暑さが続いていれば「暑気払いに」と書くところですが、涼しくなっちゃったので──、夏の溜まった疲れを、謎解きの妙と「これはあの作品だ!」というビンゴ感覚が心地良い『新本格もどき』で吹き飛ばしてください。


              (県知事)

posted by kappa at 13:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。